文字サイズ: 「とくしま回帰」住宅対策総合支援センター

徳島県空き家の総合支援サイト

空き家活用事例

空き家や古民家等をさまざまな形に活用している事例を紹介しています。
また、空き家を活用して地域で暮らす方々にも、
実際に暮らした住み心地やメリットを語っていただきました。

空き家利活用事例②【真鍋屋(愛称:MINDE)】

真鍋屋 愛称:MINDE (地域交流拠点施設)

三好市/一般社団法人三好みらい創造推進協議会

築100年以上の古民家を改修し、地域交流拠点施設としてオープンした 真鍋屋(愛称:MINDE)。
地元の人から観光に来た人まで楽しむことができる空間となっています。

空き家利活用事例①【いもちの家】

いもちの家(移住お試し住宅)

海陽町/NPOあったかいよう

田んぼに囲まれた空き家を改修して整備された移住おためし住宅『いもちの家(いえ)』。
海陽町で移住者のお世話や多世代交流の支援を行っている『NPOあったかいよう』が運営しています。
のんびりあたたかな田舎暮らしの体験にとどまらず地域の交流にもつながっているようです。

インタビュー①【空き家で暮らす】

風景は変えられない。
だから、この場所を選びました。

デジタルカーモデラー 寺田天志さん / 農業 渡邊啓高さん

築120年の空き家を改修し、3年ほど前から神山町で新たな暮らしをスタートさせた寺田さん。
その空き家の一角を間借りし、昨年の暮れから同居を始めた渡邊さん。
2人の移住者の話から、空き家活用のメリットと、移住生活の可能性が見えてきました。

インタビュー②【古民家で暮らす】

ちょっと見方を変えれば、
とても裕福に暮らせる場所です。

くすの木建築研究所 福田頼人さん

大阪で生まれ育った福田さんは、大学を卒業後、母の故郷でもある徳島で建築士としての第一歩を踏み出しました。今では空き家判定士の資格を持つ建築士の一人として、県内の新築やリフォームを数多く手掛けています。祖父母の家を改修し、徳島での豊かな暮らしを実践する福田さんに、古民家再生のメリットや可能性を伺いました。

インタビュー③【空き家活用】

地域と都会の両方が、
元気になる薬を作る仕事です。

株式会社あわえ 代表取締役 吉田基晴さん

2012年、故郷の美波町にサテライトオフィス「美波Lab」を開設し、翌年には同町に「株式会社あわえ」を設立した吉田さん。豊かな自然環境や空き家の有効活用など、地方だからこそ解決できる“都会の課題”についてお話を伺いました。

TOPへ戻る

ページの上部へ